変化の時というのは

 

色々試してみてわかったことは、

 

何かが本当に大きく変わる時というのは、押し流されるようにそうなるという時と、やはり勇気が求められる時があるということ。

 

今回は明らかに後者のケースで、たくさんのことを整理していっても、最後は気持ちひとつ勇気を出さなくてはいけないというシチュエーション。

 

そしてそれは、何をするとか、どのくらい、とかそういう話ではなくて

常に、自分に正直になる、という勇気なんだと思う。

 

でも、一人でやる必要はなくて、必ず助けになってくれる人がいる。

理解してくれる人がいる。

そして俺も、誰かが大きく変わろうとしている時に、その助けになりたいと思う。

 


あと少し

 

あと少しのところまで来ている。

あと少しやりきったら、きっとそこからは別の世界。

 

どっと何かが変わるのかもしれないし、

あぁ、これはもういいや。というエンディングなのかもしれないし、

 

でもきっと俺はそこで何かを完了させて、次のステージにいくんだろう。

 

次は多分創造のゲームに。

この世界に何を創り出そうかしら。