教師を始めて一週間で「もうここですることは何もない」と思った話。

今だから言えることだけど、教師を始めて一週間くらいで、「ああもうここでしたいことは何もないな」と思った。

ずっと抱いていた「教育をもっと良くしたい」という思いの先には、「もっと日々を、そして人生をワクワクして過ごす大人が増えたら良いのに」という世間を憂うような思いがあった。 そしてどうしてそうなっちゃうんだろうと考えたときに、「価値観を形成していく」というところにポイントがあると判断した。モノの見方で人生は変わる。

自分が熱中出来ることを見つけ、誰かの為を思って生きていくことは素晴らしい。そう感じてもらえることが大切だと思った。自分が子ども達と出会ったとき一番に伝えたいことはそれだった。

自分が企業に勤めてからの3年間、どんなことがより良い人生を送るためのエッセンスなんだろう?ということをずっと考えていました。

そしてたくさんの人や出来事と出会って出た一つの結論は、幸せな人生を送っている人、もっと言えば「成功」しているような人は、皆自分がしていることにワクワク感を持っていた。我慢してイヤイヤそれをやってる人なんていない。表現のタイプはそれぞれだけど、自分のしていることに情熱があったり、志があったりして、何よりその状況を楽しんでいた。

そして類は友を呼ぶわけで、そんな人の周りには、そんな人が集まっている。そこにまた相乗効果が生まれる。そんなライフスタイルを送っているから、貢献意識が非常に高い。これもまた例外無く。

そして教室を見てみる。

彼らと教室で会った瞬間、「あぁ変わる必要があるのは子どもではなく、大人なのね。」というある種の結論みたいなものが出てしまった。

何とも当たり前のことだけども、子どもは日々ワクワクしている。日常から夢中になるものをいくらでも探してくる。「やりたいことがないんです」なんて憂鬱な大人のような表情をしてる子はそうそういない。

いつ何時も、何かしら思いついて子どもは楽しもうとしている。自由な時間とスペースが与えられれば、どんどん新しいことを勝手に生み出していく。ダンボールを使って、音楽でクイズを考えて、写真を撮ってポスターを作って。とにかく夢中で取り組む。大人の都合なんて無視して、ひたすらに没頭している。

そして「誰かの役に立ちたい」という気持ちも非常に強い。お手伝いを頼めばそれを取り合ってケンカをするくらい。ありがとう、と声をかけるとうれしがっていくらでも掃除をしてくれる。

そんな子ども達に、これ以上何を伝える必要があるだろうか?

彼らはそのままいけばいい。少なくとも自分はそう思っている。自分がしていることに夢中になって技能を磨き、誰かに貢献する喜びを覚える。そんな人間であってほしいと思う。

でも実際はそのままいけない現状がある。大人に近づくに連れてどんどんその姿勢が変わっていく。やりたいことがなくなったり、誰かのために何かをする喜びが薄れていったりする。これは、大人が魅せている世界があまりにも魅力的じゃないからではないのか。

さんざ教育を変えたいと言ってきたけれど、「じゃあそれを語るお前の人生はどうなんだ」ともう一度自分に問う必要がある。教育を語ることは人生を語ることじゃないのか。子どもは想像以上に大人をよく見ている。語りかける言葉より日々過ごす姿勢が彼らに及ぼす影響の方がはるかに大きい。

一節で、「教育の根幹は立派な大人を育てることだ」と文科省の人が言っていたけど、そうであるならば子どもが「大人になるの楽しみだな」と思えるような顔つきを、私たちがしてるのかともう一度問うべきなんじゃないか。考えるべきところは、その1点に尽きるんじゃないかと思うわけです。

教育改革に声を上げるよりも先に、責任をとらなければいけない範囲があるんじゃないか。

子どもに押し付けたり、期待で彼らを押しつぶす前に。その分自分の人生にもっと責任を持つべきだった。

世の中を変えるっていうのは、自分を変えていくってことじゃあないのか。

今から、此処から、我から。

おしまい

 

2014/12/13 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする