利他。

一人で幸せになることは、なんだかそんなに難しくない気がするんだけど、とても浅いというかどこか虚しい感じがする。うーん、そういうと極端すぎるか。でも片手落ちな感じがする。

人生には、どんな意味があるんだろうね。なんだかずっと追い続けていた蜃気楼みたいな目的を、2月のAvatar®︎の上級コースで手放してしまってから、まるで違う感覚になってしまった。前まであんなに必死だったことに今は意味を感じない。そしておそらく、あのままいっていても辿り着くものはたかが知れていただろうなと思う。

おそらく、本当に一つ一つの生命の多様さを尊重するということは、もっと穏やかで、しなやかなものな気がする。主張をやめて相手をよく見ることから始まるような。あのやり方ではまぁうまくいかない。

でもその中にいるときは夢中になってるもんで、何もわからず一生懸命走ってたわけなんだけど、さて問題はここからどーするということだ。

ポイントは、「他者がいる」っていうことな気がしている。自分で何かをして何かが達成される。さて、それで?そういうことじゃなくて、誰かが喜んでくれたり、なんか乗り越えたり、感じてくれたり、そういうことにエネルギー使ってみたほうがいいんじゃないのかという気がしてきた。なんていうか、自分のこととかやっても、あまりグッとこないのはなぜなのか。

そういう意味でいうと、俺は個人的には結構満たされてるんだろうなと思う。自分単位で考えると、かなり幸せな部類に入るんだなと。

あえて今俺がやりたいことはなんだろと考えると、もっと内面的な統合を進めて、ほんとに丸ごと優しさみたいな、そんな人になりたいな。みたいなことくらいで、あとあんまりない。

もっと豊かな気持ちになりたいなと思う時、やはりそれは人との関わりが与えてくれるものな気がする。

正直、俺は人を自分の目的の手段のように使っていた期間が長すぎて、今の自分はどうしたらいいかよくわかってない。でも利他の精神というか、思いやりっていうか、その目の前の人、今一生懸命生きてるわっていう精神で過ごしてみようかなと思う。