なんかこう、いろんな思いがあいまってついにはわからなくなった。

いろんな場所に行ってみると、本当にいろんな人がいろんなことを感じながら生きている。当然そのストーリーに同じものは一つとしてなく、その人のストーリーですらまたあらゆる側面がある。途方もねえ!

そういうの、俺全然わかってなかったなと思う。人間ってやっぱりすごい。みんなこの瞬間まで、いろんな経験して、いろんなこと感じて、そしてここに立っている。それってなんていうかすげえなあと思う。

変になにかを持つと、見えなくなるものがある気がする。それは立場とか主張とか、感情とか。そして手放して見えてくるものもある。そしてなんか今思うのは、俺ってなんもねえんだなということ。それはネガティブな感じじゃなくて、ただそうだなと思う。でも開き直っている感じもなくて、ただそうだな、と思う。

いろんなものがリセットされて始まった30代。ここからまた創っていくんだなあ。