愛そのもののような生き方

臆せず 進め

http://chihomiyashita.hatenablog.com/entry/2018/03/06/221018

ちほやん(ともだち)の記事。こんな流れが自分にもダイレクトに来ている気がする。さっきも飛行機の中で、もっと愛そのもののような生き方に近づきたいなあと思った。

愛そのものとして生きるってことはすなわち、愛を感じている時間をできるだけ長く持つこと。愛してる人、場所、こと、食べ物、服、過ごし方や態度。自分がそれを感じているときは、それになっているとき。なのでその時間を長く濃くしていく。

それが出来ない、もしくはわからないとき。そこには意識が作り上げた観念がある。「お金を貯めないと」「わたしはどうせ愛されないから」「変だと思われる」。でもそれ、あなた自身じゃないから。自分が自分だと思ってるだけで、それは自分が創り出してる観念でしかないから、大丈夫です。それにただ気付いて、手放す。それだけだから。

そしてまた愛を生きる。そういうことが少しずつでも出来たら、周りに対してもとても貢献だと思う。最近はもっと優しくなりたいとただただ思う日々です。