身近な幸せ

昨日ワークして家族のことが統合できたら、

今朝全然自分ではない体のような感覚があってしばらく起きられなかった。

朝ごはんをお母さんとおじいちゃんおばあちゃんと食べたのだけど、明らかに自分の感覚が違っていて、なんだか久しぶりにお母さんと繋がって話ができたような気がした。

ずっと、何か親孝行せななぁ、みたいなことを思っていて、どこかに連れて行ったり、何かをあげたり、なんて思っていたけどこうして繋がって普通の話をしている方がよっぽど豊かなのかもしれないと思った。

繋がり、というのはそれくらい、それだけで価値のあるものなのかもしれない。