自分自身であることが一番幸せ

そんなこと最初からわかっている。

生まれた時はそんなことも考えずにみんなその状態で生きていて

知らず知らずのうちに、

「こっちのほうがいいよ」

「それはやめてね」

「そっちじゃないよ」

「こうしなよ、うまくいくよ」

色んな外からの力が時に変に働いて、自分の意思が歪んでいく。

判断や物事をどんな風に感じるか、最後は人は感覚に頼っている。

そこを修正されてしまうと、
(そしてときに脅されてしまったら)

自分でいること、自分の感覚をしまうようになってしまう。

自分自身でいることが一番価値があるよ、
あなたの感覚はとても面白い!

そういう向き合い方を、どれだけされてこれてるだろうか。

挙句に「自分の意見を持てない若者」なんて

勘弁してほしいよなぁ。