もう一度ここから、自分の言葉で書く

文章を書くっていうのは、俺にとって結構いろんな意味があって、

というか表現全般だけど

リアルな自分をそこに出すっていうことがとても大切。

うまく、上手に、わかりやすく

そんなものには価値がない

少なくとも自分にとっては。

昔毎日ブログを書いていたときがあったけど、「何か書こう」とするんじゃなくて、そのときの自分を言葉にするような感覚。

そしてそのときそのときの自分を表現できるっていうのは、とても贅沢なことです。

それを繰り返して、自分を確認して、また前に進む。

そういうことが自分を濃くするのだと思う。

昔同じようなことを書いたけど、なんとなく、自分を表現するのが申し訳なくなるようなときがある。「そんなことしてる場合じゃないだろう」と周りから言われそうなことが、俺なんかはここ1〜2年そんなことばっかりで、そんなんだからどんどん自分が死んでいっちゃう。

だめだ、それじゃ。

発想すべきは逆で、「そんなこと言ってないでやることやってからにしろ」をやめて「そんなときだから自分にたち返ろう」ってしないと、引き気味姿勢の負け試合ばっかりになってしまう。

そんなときだから、 そして どんなときでも

人生1回限りがあるから、自分でいる時間をたくさん持たないと、

生きてる意味ないよね。

なおや

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする